浜辺でジャンプ

もしも汚れがついたら

もしも汚れがついたら

知っておくことで、結構ためになる

フローリングを導入している家庭、この際細かなところは良いとして都市部すべての住宅に当てはまると仮定しよう。自宅でのライフスタイルは個人によって異なる、独身ライフを満喫している男女だったり、幸せなんだけどこれからどうしようと将来を悩む恋人、これから先子供の学費などがあるから定期的な貯金が欠かせないなぁと悩む夫婦、残り少ない余生を伴侶と共に穏やかに過ごしたいと願っている老夫婦、少しばかり偏見交じりの分析も込んでいるがそれは良いとして、都会ともなれば人の暮らしほどこれが特徴だと述べることは出来ない。早朝から活動する人もいれば、夕方から夜に掛けて一日が始まるという昼夜逆転の生活を送っている人もいる、人間の営みは必ずしも1つの法則で縛ることは出来ない、といった話をしたいのではない。どの生活においてもフローリングと正面から向かったとき、絶対に直面することになる問題は『汚れと傷』だ。こればかりは絶対に避けては通ることは出来ない関門となっているので、目を反らしてもありのままに受け止めなくてはならない。

先ほどの項目で人間として生きていたらフローリングを傷無しで使用し続けることが出来るかというのは不可能だと、断言に近い言葉を用いたがあながち間違いではない。先に挙げたそれぞれの暮らしでもそうだ、水をこぼしたりするときもあれば、飼っているペットが当然のようにフローリングに爪を立ててしまうということもある、または人間の赤ちゃんにしてみればでっかいキャンバスだから落書きしたい放題だ。そう考えるといかにして汚れを落とすかが肝心だが、傷だけは本当に勘弁してもらいたいと思ってもやはりうまく行くわけがない。

フローリングはメンテナンスこそ容易に行うことが出来るが、反面で傷や汚れなどが付きやすく、ホワイト系のフローリングだと汚れが目立ち、アーキ系のフローリングは汚れこそ色で隠す事はできても、傷に関しては目立ったりするものだ。そういう時、処世術を身につけておくと役に立つこともある、汚れや傷が付いたときにこうすれば良いという方法はもちろんある。ここではそんな困ったときにはこんな方法で上手く凌げる術について話をしていこう。


家にある物で簡単にごまかすことが出来る

傷や汚れが出来てしまったらどうしたらいいのかと悩んでしまい、インターネットで調べている人もいるだろう。特に新築物件ともなればまだ住み始めて数日で汚れはともかくとして傷が付いたら、そのショックは計り知れないほど大きいだろう。只でさえ今後一回の買い物にそれだけの値段のものを購入する機会はないのに、いきなり出先から乱暴に扱うような行いもあれですが、中にはどうしても傷を付けることになったと予見できることもある。そういった場合は予め予見して、覚悟している人もいるだろうが、何も考えていなかった場合には絶望の淵に立たされたような思いになるかもしれない。

そんな時どうしたらいいのかというと、実は意外とある家の中にあるこんな道具で根本的に解決するわけではないが、目立たなくすることも出来るようになるので、紹介していこう。

合ったら便利なフローリング補修代替品

1:クレヨン
まず最初に、子供がいる自宅なら常時あるだろう『クレヨン』を使用することで、少しでも目立たなくすることが出来る。その場合、フローリング専用の補修クレヨンも販売しているが、無い場合には市販のクレヨンで、同色系のものを使用すればカバーする事が出来る。おいていなければ買う必要は有るが、その場合においては専用の補修クレヨンの購入をした方が手っ取り早いだろう。
2:へこみに画鋲で小さな穴を開けて、水をたらす
次に紹介するのは、なんと画鋲と水を用いての応急処置だ。その方法としては、まず床の凹みに画鋲で小さな穴を開けてそこへ水をたらすという手段だが、これで本当に何とかなるのかと思うような方法となっている。だがこの方法を実際に試してみると、水を吸収したフローリングが元に戻ろうと活動して、自ら再生するかのような働きを見せることがあるという。まさに神秘とも言えるような瞬間だ。
3:濡れたタオルを当てて、アイロンを掛ける
フローリングで利用されている凹み補修として、濡れタオルを被せた上からアイロンを掛けることによって、ある程度補修することが出来る方法は意外と知られているかもしれない。ただ注意点としては、これは複層ではない単層フローリングのみ利用することが出来る手段となっているので、間違えないようにしよう。
4:透明マニキュアを塗る
女性ならまず持っているマニキュアを使っても、フローリングの傷などを目立たなくさせることも出来る。方法としては、まず雑巾で凹みなどが出た場所を雑巾で乾拭きをして、その上から透明マニキュアを塗っていけば傷が目立たなくなり、安心できる。

専用を始めとした便利道具の購入

先に紹介したのは前提として、『フローリング補修専用の道具を持っていない場合』に限り利用できる応急手段となっている。その後はやはり市販で販売されているのを初め、フローリングの傷が目立たないようにするための道具は、いくつか取り揃えられている。代表的なものとしては、クレヨンもそうだがキズけしシリーズと呼称しても良い商品がいくつか販売されている。シールを始め、マーカーや粘土といった物も販売されているので、その時々の傷や凹み具合でどのくらいまでなら対応できるか検討してから購入すると、無駄に買わなくて済むだろう。

またこうした道具の中にはもはや究極の手段ともいえるような、傷がついたところの木目を自分で描いてごまかしてしまおうというものまで販売している。その商品とは『キズなおし専科』という商品だ、どこぞの専門学校の学科として存在していそうな名称となっているのが印象的だ。この道具は同系色の色を床に塗りこんだら、最後にペンで木目を描くことになる。木目を自分で描くまでは良いとしても、こうなるともはや自然的な風合いは失われることになって、逆に目立つのではと思うところもなくはない。どの方法も手段としてはありだ、何を試すのかはその人次第といったところだ。